群馬県・甘楽町・小幡陣屋(楽山園)

  全国の観光と歴史的建築物(ホーム)群馬県甘楽町>小幡陣屋(楽山園)
【 概 要 】−元和元年(1615)、織田信長(安土城の城主)の次男織田信雄が大和国宇陀郡3万石、上野国甘楽郡2万石の領主となり信雄の四男信良が甘楽郡を受け継ぎ小幡藩主となりました。信良は隣接する福島で政務をとったとされ小幡陣屋が竣工するのは寛永19年(1642)3代信昌の時で出羽高畠(山形県高畠町)に移封するまで7代にわたり織田氏の居城となりました。信雄は茶人でもあった為、陣屋は戦略的というよりも芸術的要素を強く盛り込んだ構成で大きな池を中心に茶室や築山などを配した回遊式庭園は背後の熊倉山や紅葉山と一体となる借景の手法をとっています。楽山園という名称は論語の「知者ハ水ヲ楽シミ、仁者ハ山ヲ楽シム」から名付けられたそうです。楽山園は江戸時代初期の大名庭園が残る貴重なものとして平成12年に国指定名勝に指定されています。

小幡陣屋(甘楽町):周辺の見所

崇福寺(織田氏七代の墓) 旧松井家住宅 小幡陣屋(楽山園) 宝積寺 長厳寺
※ 当サイトへの相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。又、回答はあくまでも当社の考えであって1つの参考意見です。ご自身の責任でご判断下さい。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当社は一切責任を負いません。又、回答を直接的(当社の名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。 尚、リンクは自由ですが画像(写真)や文章等の利用は遠慮させていただいております。御理解の程よろしくお願いします。