茨城県・石岡市・久松商店

  全国の観光と歴史的建築物(ホーム)茨城県石岡市>久松商店
【 概 要 】−久松商店は昭和4年(1929)の石岡の町で起った大火災により焼失し、昭和5年(1930)頃に建てられました。昭和初期に看板建築と呼ばれる建物の前面をまるで看板のような意匠にする形態が流行し、久松商店もその看板建築の形式を取り入れています。又、耐火、防火を兼ねて建物の前面を銅板で覆い、その他にもモルタルによって外壁が仕上げられています。建物は木造2階建、桁行4間、梁間4間と小規模ですが、ギリシャ神殿の柱の意匠を模したものや、パラペット上部と、2階屋根との境の蛇腹、蒲鉾風の意匠などを取り込む事で単調になりがちな看板建築に個性を持たせようとの工夫が見られます。久松商店は昭和初期に建てられた看板建築の遺構として貴重な事から国登録有形文化財に指定されています。

久松商店(石岡市):周辺の見所

久松商店 常陸国分寺 常陸国総社宮

 ※ 当サイトへの相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。又、回答はあくまでも当社の考えであって1つの参考意見です。ご自身の責任でご判断下さい。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当社は一切責任を負いません。又、回答を直接的(当社の名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。 尚、リンクは自由ですが画像(写真)や文章等の利用は遠慮させていただいております。御理解の程よろしくお願いします。