茨城県・石岡市

  全国の観光と歴史的建築物(ホーム)茨城県>石岡市

石岡市:一覧

常陸総社宮
常陸総社宮
概要: 常陸国総社宮創建は天平年間、聖武天皇の勅命によって勧請したのが始まりとされます。常陸国府との関係が深く鹿島神宮と同格とされ、朝廷や鎌倉幕府、歴代領主、藩主から崇敬庇護された。本殿は石岡市指定有形文化財に指定。
常陸国分寺
常陸国分寺
概要: 常陸国分寺は天平13年に聖武天皇の勅令により全国に建立された国分寺のうちの1つです。天慶2年と天正年間の兵火により焼失し江戸時代に再興し寺領30石が安堵。現在も数多くの礎石が残り国指定特別史跡に指定。
久松商店
久松商店
概要: 久松商店は昭和4年に建てられた近代建築で看板建築です。木造2階建、瓦葺、間口4間、奥行4間、建築面積136u、外壁は全体が装飾。昭和初期の建築様式を残す貴重な建物として国登録有形文化財に指定されています。
 
 
※ 当サイトへの相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。又、回答はあくまでも当社の考えであって1つの参考意見です。ご自身の責任でご判断下さい。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当社は一切責任を負いません。又、回答を直接的(当社の名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。 尚、リンクは自由ですが画像(写真)や文章等の利用は遠慮させていただいております。御理解の程よろしくお願いします。