茨城県・水戸市・薬王院

  全国の観光と歴史的建築物(ホーム)茨城県水戸市>薬王院
【 概 要 】−薬王院の創建は大同2年(807)、桓武天皇の勅願により伝教大師最澄が開山したのが始まりと伝えられています。歴代領主に庇護され関東天台宗の壇林寺として寺運も隆盛、大永7年(1527)に焼失しましたが水戸城主江戸通泰によって再建されています。江戸時代に入ると歴代水戸藩主に庇護され初代藩主徳川頼房公の二男、松平亀千代丸が一時当寺に埋葬(後年太田瑞龍山に改葬)、貞亨3年(1686)には徳川光圀によって堂宇の大改修が行われています。現在の薬王院本堂は享禄2年(1529)に再建された建物で桁行7間、梁間5間、入母屋、銅板葺、建築年代が明確で当時の当地方の建築様式を伝える建物として国指定重要文化財に指定されています。仁王門は貞亨年間(1684〜1688)に建てられたもので桁行き6.8m、梁間6.4m、寄棟、茅葺の八脚門で両脇には仁王像が安置されています。その他にも木造薬師如来坐像や木造十二神将立像などの寺宝も多く当時の繁栄が窺えます。名刹巡礼 古寺100選

薬王院(水戸市):周辺の見所

偕楽園 旧弘道館 信願寺 水戸城 薬王院

 ※ 当サイトへの相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。又、回答はあくまでも当社の考えであって1つの参考意見です。ご自身の責任でご判断下さい。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当社は一切責任を負いません。又、回答を直接的(当社の名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。 尚、リンクは自由ですが画像(写真)や文章等の利用は遠慮させていただいております。御理解の程よろしくお願いします。