茨城県・つくば市・金村別雷神社

  全国の観光と歴史的建築物(ホーム)茨城県つくば市>金村別雷神社
【 概 要 】−金村別雷神社の創建は承平元年(931)、領主である豊田氏が霊夢により加茂別雷大神(京都府)の分霊を勧請し領内の五穀豊穣を祈願したのが始まりと伝えられています。以来、豊田氏の崇敬社として庇護され社運が隆盛し、関東三雷神の一つに数えられなど信仰を広めました。現在の本殿は宝永5年(1708)に建てられたもので一間社流造、こけら葺、建物全体が精巧な彫刻で施され、屋根妻面には力士像が彫り込まれています。天保2年(1831)には四間四面、入母屋の覆屋が改修され共に茨城県指定重要文化財に指定されています。拝殿(入母屋、瓦葺、千鳥破風、向拝)、神楽殿(入母屋、瓦葺、高欄付き)、回廊は明治12年(1879)に再建されたものでつくば市指定有形文化財に指定されています。

金村別雷神社(つくば市):周辺の見所

吉沼八幡神社 筑波山神社 小田城 太塚家住宅 大御堂 金村別雷神社 飯名神社 普門寺 五角堂

 ※ 当サイトへの相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。又、回答はあくまでも当社の考えであって1つの参考意見です。ご自身の責任でご判断下さい。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当社は一切責任を負いません。又、回答を直接的(当社の名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。 尚、リンクは自由ですが画像(写真)や文章等の利用は遠慮させていただいております。御理解の程よろしくお願いします。