茨城県・土浦市・土浦城

  全国の観光と歴史的建築物(ホーム)茨城県土浦市>土浦城
【 概 要 】−土浦城は天慶年間(938〜47)、平将門が築城したのが始まりと伝えられています。中世に入ると小田氏(小田城の城主)が周辺を統治し土浦城には家臣である今泉氏や菅谷氏などが城主となり城郭を随時拡張しています。戦国時代になると小田氏は佐竹氏や北条氏などの大大名に囲われ苦戦を強いられ、土浦城は対佐竹氏の拠点の1つとなっていました。小田氏は小田原の役で豊臣秀吉に謁見しなかった事より領地が認められず佐竹氏の常陸統一により排斥され当時の土浦城主菅谷氏も運命を共にしています。江戸時代に入り土浦藩が立藩すると松平氏、西尾氏、朽木氏と比較的短期間に藩主が入れ替わり寛文9年(1669)土屋氏が6万5千石(後9万5千石)で藩主になると11代続き明治維新を迎えます。土浦城は5重の堀と土塁に囲まれた平城で平面の形状から"亀城"の別称があり、本丸や2の丸などの中枢部だけでなく外堀内に城下町が収まっている所謂総構えを持つ広大なものでしたが明治維新後は廃城となり多くの施設建物は解体移築されました。現存する建物(城郭建築)は、太鼓櫓と別称を持つ太鼓門(表門:茨城県指定重要文化財)と1度移築され土浦戸長役場の正門や等覚寺の山門とされ再度城内に移築された旧前川門(高麗門:土浦市指定有形文化財)、霞門(高麗門)があり東櫓と西櫓が復元されています。現在は亀城公園として整備され茨城県指定史跡に指定されています。

土浦城(土浦市):周辺の見所

善応寺 八坂神社 矢口家住宅 東光寺 東城寺 等覚寺 冨岡家住宅 土浦城 清滝寺 前野家住宅 寺子屋跡 西根鹿島神社 浄真寺 常福寺 郁文館 照井の井戸 法雲寺 法泉寺 中貫宿本陣 神龍寺 旧土浦中学校 大聖寺 愛宕神社 一色家住宅

 ※ 当サイトへの相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。又、回答はあくまでも当社の考えであって1つの参考意見です。ご自身の責任でご判断下さい。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当社は一切責任を負いません。又、回答を直接的(当社の名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。 尚、リンクは自由ですが画像(写真)や文章等の利用は遠慮させていただいております。御理解の程よろしくお願いします。