茨城県・八千代町

  全国の観光と歴史的建築物(ホーム)茨城県>八千代町

八千代町:一覧

佛性寺
佛性寺
概要: 創建は奈良時代に開山。承平7年,平良兼・良正との戦の兵火によって焼失。中世は多賀谷氏の庇護。本尊である木心乾漆如来形坐像は平安時代初期に制作されたもので茨城県指定重要文化財に指定されています。
新長谷寺
新長谷寺
概要: 創建は貞永元年、結城朝光が運慶が彫り込んだとされる十一面観世音菩薩立像を祀る為観音堂を建立したのが始まり。現在の観音堂は享保21年に建てられたもので八千代町指定有形文化財に指定されています。
鹿島神社
鹿島神社
概要: 創建は大同元年、藤原音麿が鹿島神宮の分霊を勧請したのが始まり。中世は領主である結城氏の崇敬社として庇護。江戸時代に入ると幕府から社領15石を安堵。本殿は八千代町有形文化財に指定されています。
 
 
※ 当サイトへの相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。又、回答はあくまでも当社の考えであって1つの参考意見です。ご自身の責任でご判断下さい。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当社は一切責任を負いません。又、回答を直接的(当社の名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。 尚、リンクは自由ですが画像(写真)や文章等の利用は遠慮させていただいております。御理解の程よろしくお願いします。