石川県・加賀市・実性院

  全国の観光と歴史的建築物(ホーム)石川県加賀市>実性院
【 概 要 】−実性院の創建は寛永18年(1641)、大聖寺藩初代藩主前田利治の家臣玉井市正が、通外祗徹大和尚を招き一庵を設けたのが始まりと伝えられています。正保元年(1644)、天柱響補(祗徹の弟子)を招き改めて開山し寺号を宗英寺としました。万治3年(1660)、前田利治が死去すると当寺で葬儀が執り行われ実性院と改称、万治4年(1661)2代藩主前田利明が現在地に移しています。以来、大聖寺藩歴代藩主の菩提寺として藩主から庇護され、本堂はじめ諸堂が随時整備され寺運も隆盛します。現在でも御霊屋や前田家廟所など当時の面影を強く残している落ち着いた寺院で「萩の寺」としても知られています。

実性院(加賀市):周辺の見所

実盛塚 加賀橋立 実性院 加佐ノ岬 鹿島の森 長流亭 山中温泉・温泉街 全昌寺

 ※ 当サイトへの相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。又、回答はあくまでも当社の考えであって1つの参考意見です。ご自身の責任でご判断下さい。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当社は一切責任を負いません。又、回答を直接的(当社の名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。 尚、リンクは自由ですが画像(写真)や文章等の利用は遠慮させていただいております。御理解の程よろしくお願いします。