石川県・金沢市・宇多須神社

  全国の観光と歴史的建築物(ホーム)石川県金沢市>宇多須神社
【 概 要 】−宇多須神社の創建は養老2年(718)卯辰村字一本松に卯辰神(裏面に卯と辰の紋様がある古鏡)を勧請したのが始まりと伝えられています。当初は卯辰治田多門天社と称し周辺の總社でしたが、南北朝の動乱の兵火により大きな被害を受け現在地に遷座しました。慶長4年(1599)加賀藩初代藩主前田利家が亡くなると利家を主祭神とした神社の建立が望まれましが、当時、前田家は徳川家康暗殺の嫌疑が掛けられるなど不安定な情勢下にあり、徳川家に遠慮する形をとることに成りました。まず2代藩主利長が越中領主時代の崇敬社だった物部八幡神社(富山県高岡市)と榊葉神明宮(富山県氷見市)の分霊を金沢城の鬼門である卯辰治田多門天社境内に勧請し卯辰八幡宮を建立、その上で利家の神霊を合祀しました。明治4年(1871)に廃藩置県が行われると卯辰八幡宮が荒廃した為、明治6年(1873)に金沢城の金谷出丸(金谷御殿)の跡地の利家の神霊を主祭神とした社殿を建立、社号を尾山神社とし、この地に残った社殿を破却、当社は明治34年(1901)に卯辰山の旧名(宇多須山)から宇多須神社に社号を改称しています。

宇多須神社(金沢市):周辺の見所

全性寺 宇多須神社 天徳院 高田家住宅 金沢城 町民文化館 ひがし茶屋街・志摩 専光寺 聖霊修道院聖堂 尾崎神社 尾山神社 西検番事務所(にし茶屋街) にし茶屋街 ひがし茶屋街・経田屋米殻店 旧陸軍金沢偕行社 ひがし茶屋街・懐華楼 城南荘(旧横山邸) 宝円寺 ひがし茶屋街 前田家墓所 下馬地蔵尊 大乗寺 旧陸軍第九師団司令部庁舎 金沢城・石川門 主計町茶屋街

 ※ 当サイトへの相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。又、回答はあくまでも当社の考えであって1つの参考意見です。ご自身の責任でご判断下さい。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当社は一切責任を負いません。又、回答を直接的(当社の名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。 尚、リンクは自由ですが画像(写真)や文章等の利用は遠慮させていただいております。御理解の程よろしくお願いします。