石川県・小松市・那谷寺

  全国の観光と歴史的建築物(ホーム)石川県小松市>那谷寺
【 概 要 】−那谷寺(石川県小松市)の創建は養老元年(717)、泰澄法師が白山を開いた際、自ら千手観音像を彫像し岩窟内に一宇を設け安置したのが始まりと伝えられています。当初は岩室寺と称していましたが寛和年間(985〜87)に花山法皇が参拝に訪れた際、全国の観音霊場の総納霊場と定めた事で西国三十三観音霊場の一番札所の那智山と三十三番札所の谷汲山華厳寺の一字を取って那谷寺と改称しました。以後、勅願寺として寺運が隆盛し境内には数多くの堂宇が建立され、広大な寺領を有する大寺となり、最盛期には白山三ヶ寺(那谷寺・温谷寺・栄谷寺)の1つに数えられ支院、僧坊合わせて250ヶ寺を擁していたと云われています。南北朝時代、北朝側の富樫氏が那谷寺を占拠し立て籠もったことで、南朝側の軍勢との戦場となり兵火により多くの堂宇が焼失、さらに、文明4年(1482)と文明6年(1484)に一向宗との対立から兵火にかかり全山焼き討ちにあいます。その後再建されることなく衰退の一途を辿っていましたが、寛永17年(1640)、加賀藩2代藩主前田利常が再興し、藩のお抱え大工山上善右衛門に命じて本殿、拝殿、唐門、三重塔、護摩堂、鐘楼、書院などを建立させ、歴代前田家の祈願所としました。以来、加賀藩の庇護もあり再び寺運が隆盛し元禄2年(1689)には松尾芭蕉が奥の細道の行脚の際那谷寺を訪れ「石山の 石より白し 秋の風」の句を残しています。明治時代初頭に発令された神仏分離令とそれに付随する廃仏毀釈運動により再び衰退しましたが昭和に入り堂宇の保存を中心に再興が計られ多くが国指定文化財に指定されました。
スポンサードリンク

那谷寺(小松市):周辺の見所

安宅の関跡(源義経・武蔵坊弁慶縁の地) 安宅住吉神社 安宅町 小松城 小松天満宮 那谷寺

 ※ 当サイトへの相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。又、回答はあくまでも当社の考えであって1つの参考意見です。ご自身の責任でご判断下さい。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当社は一切責任を負いません。又、回答を直接的(当社の名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。 尚、リンクは自由ですが画像(写真)や文章等の利用は遠慮させていただいております。御理解の程よろしくお願いします。