※このサイトは境内に山門(門扉)がある神社の写真や、私論、感想を掲載しています。

 神社山門: 篠津神社

  全国の観光と歴史的建築物(ホーム)全国の神社山門滋賀県>篠津神社(大津市中庄)

篠津神社

篠津神社(滋賀県大津市中庄)
【 概 要 】−篠津神社が何時頃から祀られてきたのかは判りませんが、当地の鎮守として篤く守られてきました。貴族や皇族などから崇敬され、江戸時代に入ると歴代膳所藩主が庇護し社領の安堵や社殿の造営が行われています。表門(神社山門)は江戸時代初期の建物で、当初は膳所城の北大手門でしたが、明治時代に入り膳所城が廃城になると篠津神社の神門として移築され、現在は国指定重要文化財に指定されています。

【 場 所 】滋賀県大津市中庄1丁目

【 構 造 】−切妻、桟瓦葺、一間一戸、高麗門

【 備 考 】−篠津神社は岩坐神社、膳所神社和田神社、若宮八幡神社と共に膳所五社に数えられ、毎年順番に粟津御供を担います。粟津御供は山王祭の神事の1つで、天智天皇白鳳2年(663)に日吉大社に神供し、天智天皇白鳳6年(667)に大津の宮の大膳に進ぜられた事が始まりと伝えられています。神事の際には琵琶湖に浮かばせた神舟に乗せた7基の神輿に、粟の御供奉献が行われます。

滋賀県の神社山門
矢川神社油日神社檜尾神社御上神社春日神社大野神社日吉東照宮多賀大社兵主大社
鞭崎神社大鳥神社新宮神社建部大社日吉大社小田神社苗村神社三尾神社長等神社
日牟礼八幡宮和田神社篠津神社沙沙貴神社豊満神社押立神社春日神社北野神社
 ※ このサイトは資料やパンフレット、案内板などを参考にしていますが、私的な見解や推察などが多分に含まれている為、最終的な確認、決断は個人で行ってください。又、文章や写真の利用は御遠慮ください。