茅葺屋根: 日向見薬師堂

ホーム茅葺屋根:集落群馬県>日向見薬師堂
日向見薬師堂
日向見薬師堂(薬師堂
日向見薬師堂
・場 所群馬県吾妻郡中之条町四万
・建築年・安土桃山時代:慶長3年(1598)
・形 体・木造平屋建、寄棟、平入、桁行5.46m、梁間5.46m。
・文化財国指定重要文化財
・指定日・昭和45年(1970)1月17日
・概 要・四万温泉の開湯伝説の舞台となった御堂です。現在の建物は沼田領主真田信幸が武運長久を祈願する為に寄進したものです。
日向見薬師堂
日向見薬師堂(お籠堂・ その他
日向見薬師堂(お籠堂)
・場 所群馬県吾妻郡中之条町四万
・建築年・江戸時代前期:慶長19年(1614)
・形 体・木造平屋建、寄棟、茅葺、三間一戸、桁行き4.76m、梁間3.66m
・文化財・中之条町指定重要文化財
・指定日・平成12年(2000)3月28日
・概 要・四万温泉の開湯伝説の舞台となった日向見薬師堂の「お籠堂」で内部では御経を唱えたり断食、水垢離などが行われていました。
スポンサーサイト
日向見薬師堂旧阿久沢家住宅彦部家住宅旧戸部家住宅観音寺光泉寺達磨寺諏訪神社
旧富沢家住宅旧雲越家住宅安中藩旧武家長屋
※ このサイトの、写真や文章のコピーは遠慮してください。又、茅葺屋根は維持管理が難しく多額な費用がかかる為、現在は他の屋根材に葺き替えらている可能性があります。最終確認は自己責任で行ってください。御理解の程よろしくお願いします。