茅葺屋根: 相ノ木邸

ホーム茅葺屋根:集落福井県(板取宿など)>相ノ木邸
相ノ木邸
相ノ木邸(直屋造り
相ノ木邸
・場 所福井県丹生郡越前町小曽原
・建築年・江戸時代中期:18世紀前期
・形 体・木造平屋建、入母屋、茅葺、平入、桁行13.6m、梁間9.7m。
・文化財国指定重要文化財
・指定日・昭和44年(1969)12月18日
・概 要・相木氏は越前朝倉家一族の出で、その後甲斐武田家の家臣となり、武田家が没落すると当地に帰還し帰農しました。江戸時代には当地の庄屋を担い開発に尽力しています。
スポンサーサイト
相ノ木邸旧橋本家住宅旧瓜生家住宅萬徳寺旧増尾家住宅(板取宿)八王子社
※ このサイトの、写真や文章のコピーは遠慮してください。又、茅葺屋根は維持管理が難しく多額な費用がかかる為、現在は他の屋根材に葺き替えらている可能性があります。最終確認は自己責任で行ってください。御理解の程よろしくお願いします。