茅葺屋根: 清白寺

ホーム茅葺屋根:集落福井県(板取宿など)>清白寺
清白寺
清白寺(庫裏
清白寺(庫裏)
・場 所山梨県山梨市三ヶ所
・建築年・江戸時代中期:元禄年間(1688〜1704年)
・形 体・切妻、茅葺、妻入、桁行17.5m、梁間12.2m。
・文化財国指定重要文化財
・指定日・平成7年(2005)7月22日
・概 要・清白寺は室町時代に足利尊氏が清渓通徹を招き創建した寺院で、は応永22年(1415)に建てられた仏殿が国宝に指定されています。
スポンサーサイト
旧平田家住宅安藤家住宅門西家住宅雲峰寺清白寺慈眼寺義光山矢の堂旧市川家住宅
熊野神社
※ このサイトの、写真や文章のコピーは遠慮してください。又、茅葺屋根は維持管理が難しく多額な費用がかかる為、現在は他の屋根材に葺き替えらている可能性があります。最終確認は自己責任で行ってください。御理解の程よろしくお願いします。