茅葺屋根: 鷲原八幡宮

ホーム茅葺屋根:集落島根県(菅谷たたら山内)>鷲原八幡宮
鷲原八幡宮
鷲原八幡宮(神社山門
鷲原八幡宮
・場 所島根県鹿足郡津和野町鷲原
・建築年・室町時代後期
・形 体・入母屋、茅葺、一間一戸、四脚楼門、木部朱塗り、左右翼廊付。
・文化財国指定重要文化財
・指定日・平成23年(2011)11月29日
・概 要・鷲原八幡宮は平安時代後期に領主である山根六左衛門尉が創建した古社です。中世に津和野城が築かれると鎮守社として信仰の対象となりました。津和野藩三大社。
スポンサーサイト
※ このサイトの、写真や文章のコピーは遠慮してください。又、茅葺屋根は維持管理が難しく多額な費用がかかる為、現在は他の屋根材に葺き替えらている可能性があります。最終確認は自己責任で行ってください。御理解の程よろしくお願いします。