長野県・安曇野市

  全国の観光と歴史的建築物(ホーム)長野県>安曇野市

安曇野市:一覧

有明山神社
有明山神社
概要: 有明山神社は坂上田村麻呂と八面大王縁の神社。田村麻呂が八面大王掃討の戦勝祈願を行ったとか。境内近くには魏石鬼の岩窟などの史跡。随神門は日光東照宮陽明門を模した造りで信州日光「裕明門」とも言われています。
東光寺
東光寺
概要: 当地の有力者等々力家が開基。東光寺境内には「吉祥仁王様の大下駄」があり履けば念願成就するそうです。信州七福神の大黒天の札所。信州川西観音札所第八番札所。薬師如来像は室町時代に製作されたもので市指定文化財。
等々力家住宅
等々力家住宅
概要: 奈良時代から続く名家で、当地に派遣された仁科家を補佐した田村守宮を祖としています。仁科家が滅ぶと、江戸時代には帰農して大庄屋を歴任しています。屋敷は松本藩主の本陣として利用されました。安曇野市指定文化財。
満願寺
満願寺
概要: 神亀年間(724〜729)聖武天皇の勅願により開山、長者ヶ池に出現した黄金仏像を安置。坂上田村麻呂、木曽義仲縁の寺院で、歴代領主である仁科家や松本藩主から庇護。微妙橋、聖天堂、絵馬が安曇野市指定文化財。
鐘の鳴る丘集会所
鐘の鳴る丘集会所
概要: 大正時代に温泉旅館として建てられた建物で、昭和20年代にNHKラジオドラマや映画で人気を得た菊田一夫代表作の「鐘の鳴る丘」の舞台にもなりました。現在でも当時の様子が色濃く残り安曇野市指定有形文化財に指定。
住吉神社
住吉神社
概要: 住吉神社の創建は判りませんが鎌倉時代の歴史書である「吾妻鏡」に住吉庄の地名が記載されている事から、少なくとも当時には住吉神社が存在していた事が窺えます。本殿は江戸時代後期の建物で市指定有形文化財に指定。
 
 
 
 
※ 当サイトへの相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。又、回答はあくまでも当社の考えであって1つの参考意見です。ご自身の責任でご判断下さい。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当社は一切責任を負いません。又、回答を直接的(当社の名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。 尚、リンクは自由ですが画像(写真)や文章等の利用は遠慮させていただいております。御理解の程よろしくお願いします。