長野県・高森町・旧下市田学校

  全国の観光と歴史的建築物(ホーム)長野県飯田市>旧下市田学校
【 概 要 】−旧下市田学校は明治21年(1888)に建てられたもので木造2階建て、寄棟、桟瓦葺き、正面玄関は大きく張り出し唐破風の屋根が正面性を高め印象深い建物になっています。屋根の形状や腰壁が海鼠壁で仕上げている事など和風を主体としていますが、縦長の窓の採用や玄関上部の張り出し部分にはベランダを設けるなどの洋風建築の要素も取り入れ和洋折衷の擬洋風建築となっています。棟梁は木曽出身の坂田亀吉(通称「木曽亀」、三岳村出身、伊那に移住、諏訪立川流、神坂神社本殿や入登山神社里宮本殿、津島神社、二柱神社、長石寺などを手掛けています。)、当初は萩山神社に隣接する敷地に建てられていましたが明治44年に現在地に移築されました。その後は分校の校舎として利用されてきましたがその分校も昭和55年に本校に統合され廃校となりました。建物は破却する予定でしたが町内の有志達が校舎を惜しみ保存運動を行うと、再利用される事になりました。旧下市田学校は昭和56年に高森町指定有形文化財に指定されています。
スポンサードリンク
※ 当サイトへの相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。又、回答はあくまでも当社の考えであって1つの参考意見です。ご自身の責任でご判断下さい。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当社は一切責任を負いません。又、回答を直接的(当社の名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。 尚、リンクは自由ですが画像(写真)や文章等の利用は遠慮させていただいております。御理解の程よろしくお願いします。