長野県・長野市松代町・西楽寺

  全国の観光と歴史的建築物(ホーム)長野県長野市松代町>西楽寺
【 概 要 】−西楽寺は天正2年(1574)に西条氏が開基となり名誉善宝が開山し浄土宗の寺院です。江戸時代に入ると真田信重(埴科藩第2代藩主、初代松代藩主真田信之の3男、2代松代藩主真田信政の弟)が篤く帰依し、正保年間(1645〜1648)に火災により焼失すると信重によって再建されています。慶安元年(1648)2月23日、信重が参勤交代の途中に武蔵国鴻巣で病死しすると、生母とされる小松姫の墓碑がある勝願寺に葬られました。同年、信重の帰依寺である西楽寺に霊廟が造営されその後、信重と正室(鳥居忠政の6女)の位牌が安置されました。現在の西楽寺霊屋は建立当時のもので桁行三間、梁間三間、一重、宝形造、向拝一間、こけら葺 、外壁は真壁造、板張黒漆塗り、向拝と軒下には彫刻と組物が施され極彩色で彩られています。又、建物全体で浄土宗の世界観が表現され、外陣天井には「二対の飛天(天女)」、内陣には須弥壇が設けられ背後には金箔を貼った来迎壁に蓮池、その上部の格天井には「飛天と迦稜頻伽」、両壁には松、鷹などが描かれています。真田信重御霊屋(附:前机1脚・釣燈籠2箇)は昭和46年に国指定重要文化財に指定されています。又、霊屋の本尊である木造阿弥陀如来立像は檜材、寄木造り、像高96.7p、漆箔、彫眼、藤原時代後期と推定される木像で昭和42年に長野市指定重要文化財に指定されています。

西楽寺(長野市松代町):周辺の見所

旧横田家住宅 山寺常山邸 長国寺 鐘楼 松代城 旧白井家表門 西楽寺 林正寺 小山田家住宅 皆神神社 旧文武学校 大鋒寺 大本営跡 大英寺
※ 当サイトへの相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。又、回答はあくまでも当社の考えであって1つの参考意見です。ご自身の責任でご判断下さい。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当社は一切責任を負いません。又、回答を直接的(当社の名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。 尚、リンクは自由ですが画像(写真)や文章等の利用は遠慮させていただいております。御理解の程よろしくお願いします。