長野県・諏訪湖・旧岡谷市役所庁舎

  全国の観光と歴史的建築物(ホーム)長野県諏訪湖>旧岡谷市役所庁舎
【 概 要 】−旧岡谷市役所庁舎は昭和11年(1936)に尾澤福太郎によって寄贈された建物です。尾澤福太郎は岡谷が製糸業で財を成した富豪で、諏訪郡平野村が岡谷市として成立し市制施行記念事業の一環として計画されました。初代尾澤金左衛門は川岸村の片倉兼太郎と共に明治12年(1879)に開明社を結成し製紙業の発展に尽力、跡を継いだ福太郎と琢郎は明治32年(1899)に諏訪湖周辺に大規模な土地を買い取り、その土地が後に鉄道等の開発により飛躍的に高値で取引され、莫大な資金を得る事になりました。さらに、福太郎と琢郎は製糸工場の動力源として利用された石炭の燃え滓を琵琶湖周辺の低湿地帯の埋め立てに再利用し、さらなる土地開発を遂行しています。建物は鉄筋コンクリート造2階建、寄棟、瓦葺、外壁はスクラッチタイル、正面玄関上下の外壁は人造石仕上げで化粧柱を模って正面性を演出しています。開口部は縦長の窓を採用していますが、外壁(スクラッチタイル)と軒下部分の仕上げを変える事で水平線を強調しています。旧岡谷市役所庁舎は平成17年に国登録有形文化財に指定されています。

旧岡谷市役所庁舎(諏訪湖):周辺の見所

橋本政屋 諏訪大社上社本宮 諏訪市 諏訪大社上社前宮 白岩観音堂 高島城 下諏訪町 諏訪大社下社春宮 諏訪大社下社秋宮 来迎寺 温泉寺 旧岡谷市役所庁舎 神長守矢家祈祷殿 今井家住宅 本陣岩波家
※ 当サイトへの相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。又、回答はあくまでも当社の考えであって1つの参考意見です。ご自身の責任でご判断下さい。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当社は一切責任を負いません。又、回答を直接的(当社の名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。 尚、リンクは自由ですが画像(写真)や文章等の利用は遠慮させていただいております。御理解の程よろしくお願いします。