長野県・下諏訪町・橋本政屋(茶屋)

  全国の観光と歴史的建築物(ホーム)長野県諏訪湖下諏訪町>橋本政屋(茶屋)
【 概 要 】−橋本政屋は甲州街道(江戸日本橋から中山道下諏訪宿に至る街道)の御茶屋として江戸時代後期に建てられた建物です。上諏訪宿と、下諏訪宿の中間に位置し旅人や飛脚、運送業者等多くの人達が休憩や食事に利用し大いに賑わいました。その噂は高島城の城主にまで届き、度々橋本政屋を訪れ、諏訪湖を見下ろしながら絶品料理を堪能したと伝えられています。そのような縁から明治維新後に高島藩が廃藩となり高島城が廃城になると城門や御堂、松、梅、石灯籠などが拝領され当地に移築されました。主屋は木造2階建て、切妻、平入り、敷地間口が広く、主屋に隣接して袖蔵と表門が並び格式の高さが感じられ、主屋の屋根の上には「雀おどり」と呼ばれる棟飾りが設けられています。「雀おどり」は一般的に本棟造と呼ばれる切妻、妻入り格式の高い民家によく見られますが橋本政屋は平入の茶屋建築なので特徴の1つとなっています(妻面側も道路に接している事から人目に付き易い)。

橋本政屋(諏訪湖):周辺の見所

橋本政屋 諏訪大社上社本宮 諏訪市 諏訪大社上社前宮 白岩観音堂 高島城 下諏訪町 諏訪大社下社春宮 諏訪大社下社秋宮 来迎寺 温泉寺 旧岡谷市役所庁舎 神長守矢家祈祷殿 今井家住宅 本陣岩波家
※ 当サイトへの相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。又、回答はあくまでも当社の考えであって1つの参考意見です。ご自身の責任でご判断下さい。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当社は一切責任を負いません。又、回答を直接的(当社の名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。 尚、リンクは自由ですが画像(写真)や文章等の利用は遠慮させていただいております。御理解の程よろしくお願いします。