長野県・伊那市高遠町・高遠閣

  全国の観光と歴史的建築物(ホーム)長野県伊那市高遠町>高遠閣
【 概 要 】−高遠閣は昭和8年(1933)、高遠城内での観光客の休憩所や町内の集会所の必要性から当時の東京高遠会の有志である日本画家の池上秀畝(紙商兼小間物屋池上秀華の次男、特に山水・花鳥画を得意とした)、鉱山業の広瀬省三郎(手稲鉱山経営)、出版業の矢島一三(中興館創業者)、弁護士の小松伝一郎の4名が資金を出し合い計画されました。昭和11年(1936)11月6日、設計伊藤文四郎、棟梁竹内三郎によって高遠閣は竣工、建物は木造2階建て、入母屋、鉄板葺き、桁行き14間(25.4m)、梁間9間(16.4m)で玄関屋根とその上部の屋根が唐破風で正面性を高めています。昭和初期に建てられた大型和風建築として貴重な存在で平成14年(2002)に国登録有形文化財に指定されています。

高遠閣(伊那市高遠町):周辺の見所

高遠城 満光寺 建福寺 高遠閣 鉾持神社 遠照寺 熱田神社
※ 当サイトへの相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。又、回答はあくまでも当社の考えであって1つの参考意見です。ご自身の責任でご判断下さい。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当社は一切責任を負いません。又、回答を直接的(当社の名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。 尚、リンクは自由ですが画像(写真)や文章等の利用は遠慮させていただいております。御理解の程よろしくお願いします。