新潟県・糸魚川市・日光寺

  全国の観光と歴史的建築物(ホーム)新潟県糸魚川市>日光寺
【 概 要 】−日光寺の創建は天平20年(748)に奈良時代の高僧として知られた行基菩薩が創立し良恵が開山、平安時代初期の大同元年(806)には坂上田村麻呂(征夷大将軍)が日光寺を参拝し、その際、堂宇が造営され寺領200石を寄進したと伝えられています。日光寺に最盛期は越中国(現在の富山県)、越後国(現在の新潟県)、能登国(現在の石川県)、加賀国(現在の石川県)から多くの信者が信仰され境内は霊場として整備され七堂伽藍が建ち並び12坊あったとされます。その後衰退しますが、江戸時代に入り再興され、天和3年(1683)に幕府から朱印状15石を与えられました。神仏習合の形態をもち白山神社や稲荷神社と混合していましたが明治初頭に発令された神仏分離令によりそれらが廃され舞楽も衰退、昭和34年(1959)には本堂と庫裏が火災で焼失昭和47年(1972)に再建されました。日光寺が管理する観音堂に安置されている木造阿弥陀如来立像と木造十一面観音立像は新潟県指定文化財、木造伝勢至菩薩立像と木造四天王立像は糸魚川市指定文化財に指定されています。

日光寺(糸魚川市):周辺の見所

山口家住宅 日光寺 水保観音堂 白山神社 天津神社 月不見の池 糸魚川陣屋 青海神社
※ 当サイトへの相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。又、回答はあくまでも当社の考えであって1つの参考意見です。ご自身の責任でご判断下さい。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当社は一切責任を負いません。又、回答を直接的(当社の名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。 尚、リンクは自由ですが画像(写真)や文章等の利用は遠慮させていただいております。御理解の程よろしくお願いします。