新潟県・加茂市・西光寺

  全国の観光と歴史的建築物(ホーム)新潟県加茂市>西光寺
【 概 要 】−加茂市上条字御廟沢に境内を構える西光寺は、伝承によると平安時代後期の承徳元年に加茂義綱が開基となり開かれたと伝えられています。天仁元年、義綱が死去すると西光寺の境内に菩提が埋められて供養されったとし、境内背後の高台には宝篋印塔が供養塔として建立されています。隣接する長瀬神社にも義綱の伝承が残され、長治2年(1105)には社殿を造営し、京都の石清水八幡宮(旧男山八幡宮)から八幡神を勧請したと伝えられています。当初は西光坊と称し草庵を構える程度でしたが、建治2年、法阿(一遍上人の門派)によって時宗寺院として再興開山しています。江戸時代に入ると新発田藩(新発田城の城主)から庇護され貞享4年には4代藩主溝口重雄により寺領が寄進されています。寺宝である木造阿弥陀如来立像は鎌倉時代中期に制作されたと推定される古仏で新潟県指定文化財に指定されています。

スポンサードリンク

西光寺(加茂市):周辺の見所

旧七谷郵便局舎 青海神社 西光寺 長瀬神社 長瀬神社
※ 当サイトへの相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。又、回答はあくまでも当社の考えであって1つの参考意見です。ご自身の責任でご判断下さい。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当社は一切責任を負いません。又、回答を直接的(当社の名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。 尚、リンクは自由ですが画像(写真)や文章等の利用は遠慮させていただいております。御理解の程よろしくお願いします。