新潟県・柏崎市・番神堂

  全国の観光と歴史的建築物(ホーム)新潟県柏崎市>番神堂
【 概 要 】−文永8年(1271)、日蓮上人は鎌倉幕府に対して批判を繰り返した事で捕縛されました。当初は極刑が言い渡されましたが、懇願により一転して佐渡島に流罪となり、3年後の文永8年(1274)に赦免となりました(日蓮による「立正安国論」が幕府の怒りを買ったとも、平頼綱が幕府に讒言を行ったとも)。その際、佐渡島から寺泊に戻る途中に暴風になりこの地(後の番神岬)に流されると、日蓮は当地を霊地と悟り一宇を設けて三十番神(八幡神を中心に29柱)を祭ったとされます。別当寺院となった妙行寺は日蓮に感化され真言宗から日蓮宗に改宗し、以後祭祀を司っています。現在の番神堂は明治11年(1878)に造営されたもので柏崎市指定ぬん家財に指定されています。日蓮宗でいう三大番神(静岡沼津の番神、九州島原の番神、越後柏崎の番神)に数えられています。

鵜川神社(柏崎市):周辺の見所

鵜川神社 大清水観音堂 椎谷観音堂 専弥寺 荻ノ島茅葺集落 椎谷陣屋 多多神社 石井神社 二田物部神社 御島石部神社 番神堂
※ 当サイトへの相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。又、回答はあくまでも当社の考えであって1つの参考意見です。ご自身の責任でご判断下さい。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当社は一切責任を負いません。又、回答を直接的(当社の名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。 尚、リンクは自由ですが画像(写真)や文章等の利用は遠慮させていただいております。御理解の程よろしくお願いします。