新潟県・柏崎市・多多神社

  全国の観光と歴史的建築物(ホーム)新潟県柏崎市>多多神社
【 概 要 】−多多神社は何時頃から祀られていたのかは判りませんが、伝承によると景行天皇の御代(西暦71〜130年)に日本武尊の東夷東征の従軍した吉備武彦の家臣、多臣襲木彦が当地を支配していた領主の娘と結婚、当初の目的である東征を捨て生活するにあたり祖神である神八井耳尊(神武天皇の皇子、多臣(多氏)及びその同族の祖とされる)を主祭神、神日本磐余彦尊(神武天皇の即位前の名称)を配神として祀ったとされ、大同元年(806)に藤原朝臣人道浄眼により多多神社の社殿が造営され、正式に神社として成立したとされます。平安時代に成立し朝廷が名社として認識した神社を列記した延喜式神名帳に記載された多多神社は当社とされます。ただし、多多神社には当社の他、柏崎市西山町別山に鎮座する多岐神社も由緒としており何れも決定的な資料が無い為に論社となっています。文明年間(1469〜1486年)の戦乱による兵火で多多神社の社殿、社宝、記録などが焼失し、これ以前の詳細が不詳、永正16年(1519)に現在の本殿(国指定重要文化財)が再建されている事から前後に再興が図られたと推定されます。その後は上杉家によって庇護されたと思われますが、慶長3年(1598)に上杉景勝が居城を春日山城(新潟県上越市)から会津鶴ヶ城(福島県会津若松市)に移封になると、新たに春日山城の城主となった堀秀治は社領を取り上げた為に衰微し、江戸時代には8石5斗3升程度に留まっています。古くから神仏習合し「六社明神」「六所権現」と称していましたが、明治時代の神仏分離令を経て旧社号である「多多神社」に復し明治6年(1873)に村社に列しています。

多多神社(柏崎市):周辺の見所

鵜川神社 大清水観音堂 椎谷観音堂 専弥寺 荻ノ島茅葺集落 椎谷陣屋 多多神社 石井神社 二田物部神社 御島石部神社 番神堂
※ 当サイトへの相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。又、回答はあくまでも当社の考えであって1つの参考意見です。ご自身の責任でご判断下さい。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当社は一切責任を負いません。又、回答を直接的(当社の名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。 尚、リンクは自由ですが画像(写真)や文章等の利用は遠慮させていただいております。御理解の程よろしくお願いします。