新潟県・柏崎市・鵜川神社

  全国の観光と歴史的建築物(ホーム)新潟県柏崎市>鵜川神社
【 概 要 】−鵜川神社の創建は天暦元年(947)に鶴岡八幡宮の分霊を勧請したのが始まりとされますが、延長5年(927)にまとめられた延喜式神名帳に記載されている式内社の論社となっていることから、そちらが真実とすると鵜川神社の創建年はさらに遡ると思われます。文治5年(1189)に源頼朝が奥州合戦(奥州平泉:現在の岩手県平泉町を本拠とする奥州藤原氏を、頼朝の命を悉く無視した源義経を匿った事を大義として討伐した戦い)の折には戦勝祈願をするなど歴代領主や為政者からも崇敬され、戦国時代には春日山城の城主上杉氏からも社領を安堵されています。創建当初の鵜川神社の鎮座地は現在地より西方にあったそうですが、後堀河天皇の時代に鵜川が反乱し社殿が倒壊、これをきっかけに現在地に遷座しています。弘安年間(1278〜87)には火災がおこり社殿や宝物、記録など多くが焼失するなど被害が甚大だったそうです。現在の鵜川神社本殿は天保10年(1839)、拝殿は天保11年(1840)に改築された古建築で境内には推定樹齢千年、根まわり約14m、目通り約11.5m、高さ約20m(現在主幹が折れていますが当時は日本8地位だったそうです。)の大欅があり昭和5年に国指定天然記念物に指定されています。

鵜川神社(柏崎市):周辺の見所

鵜川神社 大清水観音堂 椎谷観音堂 専弥寺 荻ノ島茅葺集落 椎谷陣屋 多多神社 石井神社 二田物部神社 御島石部神社 番神堂
※ 当サイトへの相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。又、回答はあくまでも当社の考えであって1つの参考意見です。ご自身の責任でご判断下さい。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当社は一切責任を負いません。又、回答を直接的(当社の名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。 尚、リンクは自由ですが画像(写真)や文章等の利用は遠慮させていただいております。御理解の程よろしくお願いします。