新潟県・村上市・旧若林家住宅(武家屋敷)

  全国の観光と歴史的建築物(ホーム)新潟県村上市>旧若林家住宅
【 概 要 】−旧若林家住宅は明和6年(1769)の火災以後、江戸時代中期18世紀末に建てられた中級武家屋敷です。若林家の祖は甲斐武田氏の遺臣で延宝2年(1674)以降は代々内藤家(三河国松平氏家臣だった内藤清長の養子となった内藤信成を祖とする一族、享保5年:1720年に駿河田中藩から越後村上藩5万石で移封になった為、若林家もこれに従ったと思われます。)に仕え村上藩(本城:村上城)では当初200石(後150石)の中級上位の武士でした。寄棟、茅葺、曲屋形式(東西棟は居室系、南北棟は座敷系で構成されてる。)で18世紀末から大きな改造が少なく村上城の城下の中級武家屋敷の様子を残すものとして大変貴重な事から昭和52年に国指定重要文化財に指定されています(村上城の城下町には複数の武家屋敷が現存していますが、中でも旧若林家住宅が規模が大きく保存状態も良いとされます)。

スポンサードリンク

旧若林家住宅(村上市):周辺の見所

旧若林家住宅 諸上寺 村上城 耕雲寺 光徳寺 浄念寺 石船神社 西奈彌羽黒神社 藤基神社 千眼寺・保呂羽堂
平林城
※ 当サイトへの相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。又、回答はあくまでも当社の考えであって1つの参考意見です。ご自身の責任でご判断下さい。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当社は一切責任を負いません。又、回答を直接的(当社の名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。 尚、リンクは自由ですが画像(写真)や文章等の利用は遠慮させていただいております。御理解の程よろしくお願いします。