新潟県・長岡市・蒼柴神社

  全国の観光と歴史的建築物(ホーム)新潟県長岡市>蒼柴神社
【 概 要 】−蒼柴神社の創建は享保7年(1722)に長岡藩中興の祖とされる牧野忠辰を神霊として長岡城の城内に社殿を建立したのが始まりとされます。忠辰は神道に通じ京都の吉田管領家から蒼柴明神の神号を贈られたこともあり蒼柴神社と称されました。天明元年(1781)に9代藩主牧野忠精は、蒼柴神社を現在地に遷座し日光東照宮(栃木県日光市:徳川家康の霊廟)を模して権現造りの社殿を建立しました。境内には招魂社や牧野家歴代の御霊廟、悠久山神祠碑などがあります。江戸時代後期に造営された社殿(本殿・拝殿)は国登録有形文化財に登録され、江戸時代後期に製作された「扶桑書集」は長岡市指定文化財に指定されています。

スポンサードリンク

蒼柴神社(長岡市):周辺の見所

徳昌寺 照明寺密蔵院 恩行寺 妙徳寺 都野神社 寛益寺 常安寺 宝徳稲荷神社 長谷川家住宅 白山姫神社
蒼柴神社 秋葉神社 牧野家御霊廟 普済寺 栄涼寺 弁慶井泉 羽黒神社 与板陣屋 初君旧歌碑 気比神社
金峯神社 鞍掛神社 根立寺観音堂 本願寺新潟別院 西生寺 大竹記念館 楽山苑 長岡城 正覚寺 宇奈具志神社
蔵王堂城 瑞雲寺 栃尾城
※ 当サイトへの相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。又、回答はあくまでも当社の考えであって1つの参考意見です。ご自身の責任でご判断下さい。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当社は一切責任を負いません。又、回答を直接的(当社の名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。 尚、リンクは自由ですが画像(写真)や文章等の利用は遠慮させていただいております。御理解の程よろしくお願いします。