新潟県・長岡市・都野神社

  全国の観光と歴史的建築物(ホーム)新潟県長岡市>都野神社
【 概 要 】−都野神社の創建は不詳ですが延長5年(927)に作成された延喜式神名帳に記載される式内社(論社)とされ与板の総鎮守として古くから信仰されてきました。与板の地は古くから信濃川舟運、交通の要所とされていた場所で、祭神である宗像姫三柱大神(多紀理姫命、市杵島姫命、多紀津姫命)は交通の神の最高神だった事から勧請されたと考えられます。都野神社の当初の鎮座地である背後の山頂は船から目立つ存在だった為灯明が灯台や目印に利用されていました。戦国時代に与板城に直江山城守兼続が入ると永正年間(1504〜20)に九州にある宇佐八幡宮の分霊を勧請したことで八幡宮と称するようになります。江戸時代に入ると都野神社、豊幡飯成、井伊神社は与板の三大神社とされ与板藩歴代藩主の崇敬社となり、天保7年(1836)の大火で社殿が焼失したときは8代藩主井伊直経がその再建にあたりました。現在の都野神社の社殿は焼失後再建されたもので本殿は天保11年(1840)、拝殿、幣殿は嘉永元年(1648)にそれぞれ造営され特に彫刻は熊谷宿小林斎源太郎がそれにあたり3年の年月をかけたといいます。都野神社社殿は長岡市指定有形文化財に指定されています。

都野神社(長岡市):周辺の見所

徳昌寺 照明寺密蔵院 恩行寺 妙徳寺 都野神社 寛益寺 常安寺 宝徳稲荷神社 長谷川家住宅 白山姫神社 蒼柴神社 秋葉神社 牧野家御霊廟 普済寺 栄涼寺 弁慶井泉 羽黒神社 与板陣屋 初君旧歌碑 気比神社 金峯神社 鞍掛神社 根立寺観音堂 本願寺新潟別院 西生寺 大竹記念館 楽山苑 長岡城 正覚寺 宇奈具志神社 蔵王堂城 瑞雲寺 栃尾城
※ 当サイトへの相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。又、回答はあくまでも当社の考えであって1つの参考意見です。ご自身の責任でご判断下さい。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当社は一切責任を負いません。又、回答を直接的(当社の名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。 尚、リンクは自由ですが画像(写真)や文章等の利用は遠慮させていただいております。御理解の程よろしくお願いします。