新潟県・新潟市・旧新潟税関庁舎

  全国の観光と歴史的建築物(ホーム)新潟県新潟市>旧新潟税関庁舎
【 概 要 】−旧新潟税関庁舎は明治2年(1869)に建てられた建物で安政5年(1858)に幕府が5カ国(アメリカ・オランダ・イギリス・ロシア・フランス)と修好通商条約を結び開港した新潟・横浜・函館・長崎・神戸の5港のうち唯一現存する税関(運上所)の遺構です。修好通商条約は5カ国との間に交わされた事から安政五カ国条約とも呼ばれ、一般的には朝廷からの勅許を待たず幕府独断で采配した事で、攘夷派の公家や大名達が大きく批判、反発し、安政の大獄や桜田門外の変の引き金となり、一気に倒幕の機運が高まったとされます。建物は木造平屋建て、海鼠壁土蔵造り、寄棟、瓦葺き、正面の屋根には鐘楼を設え、玄関上部はアーチ状とし、当時の洋風建築の要素を取り入れています。基本的な構造は和風建築ですが、新潟の大工が江戸や横浜などに建てられた洋風建築を学び、外観を洋風建築風にしている「擬洋風建築」と呼ばれるもので当時の文化を窺える建物です。旧新潟税関庁舎は昭和41年(1966)まで実際に使用され、当時の擬洋風建築の遺構で歴史的にも大変貴重な建物であるから昭和44年(1969)に国指定重要文化財に指定、現在は新潟市郷土資料館として利用されています。

旧新潟税関庁舎(新潟市):周辺の見所

旧新潟税関庁舎 種月寺 県議会旧議事堂 一山寺 大栄寺 普談寺 旧笹川家住宅 旧伊藤文吉邸 中村邸 白山神社
内島見観音堂
※ 当サイトへの相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。又、回答はあくまでも当社の考えであって1つの参考意見です。ご自身の責任でご判断下さい。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当社は一切責任を負いません。又、回答を直接的(当社の名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。 尚、リンクは自由ですが画像(写真)や文章等の利用は遠慮させていただいております。御理解の程よろしくお願いします。