新潟県・三条市

  全国の観光と歴史的建築物(ホーム)新潟県>三条市

三条市:一覧

八木ヶ鼻
八木ヶ鼻
概要: 五十嵐川の上流にそそり立つ高さ200mの断崖絶壁で、その印象的な景観から自然崇拝的な信仰が行われてきました。大同2年には山頂に八木神社が勧請、八木鼻の岩間から湧き出る清水は"浄心水"が湧き出ています。
本成寺
本成寺
概要: 創建は永仁5年に日印上人が開山し日朗上人を初祖としたのが始まり。日蓮宗の根本道場として発展し七堂伽藍に塔頭十院を数えます。山門は天明6年に建立された新潟県内では最大級の楼門建築として新潟県指定重要文化財。
乗蓮寺
乗蓮寺
概要: 創建は徳治2年、蓮阿上人が開山。当初、信濃川西岸の須頃地区にありましたが、江戸時代初期に三条城が築かれそれに伴い現在地に移ってきました。本尊の阿弥陀如来立像は仏師春日作とされ国指定重要文化財に指定。
五十嵐神社
五十嵐神社
概要: 五十嵐神社が何時頃から祀られているのかは判りませんが、古墳時代に当地区を開発した五十日帯彦命を後裔である五十嵐氏が祖神として祀った神社です。又、延喜式神名帳に記されている式内社伊加良志神社の論社です。
八木神社
八木神社
概要: 八木神社は平安時代に成立した延喜式神名帳に式内社として記載されている「伊加良志神社」の論社で、当初は景勝地として知られた八木ヶ鼻に鎮座していました。南北朝時代に新田家と関係が生まれ、祖神が祀られています。
最明寺
最明寺
概要: 最明寺は天平年間に法相宗の僧侶とされる甚諦によって創建された古寺で、鎌倉時代に北条時頼によって真言宗に改宗しています。越後三十三観音霊場第33番札所。千手観世音菩薩座像は市指定文化財。
中山神社
中山神社
概要: 中山神社が何時頃から祀られていたのかは不詳。平安時代に成立した延喜式神名帳に記載された式内社中山神社の論社です。例祭で奉納される三条神楽は新潟県指定無形民俗文化財に指定されています。
 
 
 
※ 当サイトへの相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。又、回答はあくまでも当社の考えであって1つの参考意見です。ご自身の責任でご判断下さい。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当社は一切責任を負いません。又、回答を直接的(当社の名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。 尚、リンクは自由ですが画像(写真)や文章等の利用は遠慮させていただいております。御理解の程よろしくお願いします。