新潟県・新発田市・藤戸神社

  全国の観光と歴史的建築物(ホーム)新潟県新発田市>藤戸神社
【 概 要 】−藤戸神社は平安時代に成立した延喜式神名帳に記載された式内社美久理神社の論社とされます。その根拠となる資料は乏しいとされますが、菅與吉が大正13年(1924)に編纂された「菅谿史跡」や明治3年(1870)に式内社や著名な神社を編纂した「神社覈禄」では藤戸神社を美久理神社に特定(比定)している事から、当時は確証的なものがあったのかも知れません。美久理神社には当社の他に新潟市沼垂東に鎮座する白山神社、新発田市田貝に鎮座する二王子神社がそれぞれ論社とされ、特に白山神社が有力視されているようです。それとは全く異なり、藤戸神社の社伝では創建は文治5年(1189)に初代鎌倉幕府将軍の源頼朝の命で越後の城氏を滅ぼした佐々木盛綱が加治荘を与えられ、鎮守として祖神である宇多天皇を祀り創建したと伝えられています。何れにしても境内背後の高台には佐々木家の後裔である加治氏が本城として築いた要害山城(加地城)がある事から加治氏から崇敬庇護され、関係が深かった事が推察されます。その加治氏も戦国時代末期には春日山城新潟県上越市)の城主上杉景勝と対立し没落の憂いに合い、藤戸神社も衰退を余儀なくなったと思われます。長く加治明神と呼ばれていましたが、明治時代の神仏分離令を経て、社伝では創建者とされる佐々木盛綱が源平合戦の中の「藤戸の戦い」で大功を収めた伝承に因み「藤戸神社」に社号を改め村社に格付けされています。

藤戸神社(新発田市):周辺の見所

長徳寺 月岡温泉 旧県知事公舎 諏訪神社 新発田城 五十公野御茶屋 大友稲荷神社 宝光寺 福勝寺 菅谷不動尊 旧足軽長屋 宝積寺 法音寺 古四王神社 藤戸神社
※ 当サイトへの相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。又、回答はあくまでも当社の考えであって1つの参考意見です。ご自身の責任でご判断下さい。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当社は一切責任を負いません。又、回答を直接的(当社の名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。 尚、リンクは自由ですが画像(写真)や文章等の利用は遠慮させていただいております。御理解の程よろしくお願いします。