新潟県・新発田市・宝光寺

  全国の観光と歴史的建築物(ホーム)新潟県新発田市>宝光寺
【 概 要 】−宝光寺は新発田藩藩主溝口家の歴代の菩提寺で、創建は溝口秀勝が加賀の領主だった頃(丹羽長秀の与力大名として大聖寺城の城主)、諦応寺(福井県若狭町:丹羽長秀が若狭国主の時代に家臣だった溝口家が懇意にしていたと思われます。曹洞宗。)の住職だった雪崗全林を召還し、雪崗全林の師である雪堂元初大和尚を勧請開山として迎えています。慶長3年(1598)、上杉景勝が春日山城新潟県上越市)から会津黒川城(福島県会津若松市)移封に伴い、溝口秀勝が新発田領に入封、当初は五十公野に移り新発田城が完成すると現在地に移ります。当初は大麟寺と称していましたが溝口秀勝が死去すると法名(寶光寺殿前伯州太守性翁淨見大居士)から浄見寺と改称し、さらに宝光寺となりました(五代将軍徳川綱吉の法名が常憲院殿と称した為遠慮したと考えられます)。宝光寺は藩主の菩提寺として新発田藩の曹洞宗寺院の中でも格式が高く寺院を束ねる立場でもあり寺運が隆盛しています。宝光寺山門は弘化2年(1845)に再建されたもので三間三戸、入母屋、瓦葺き、2層目に高欄を廻す2重門で、花頭窓が見られるなど禅宗様式が見られます。宝光寺山門は新発田市に残されている数少ない楼門建築の遺構として貴重な事から昭和50年に新発田市指定有形文化財に指定されています。

スポンサードリンク

宝光寺(新発田市):周辺の見所

長徳寺 月岡温泉 旧県知事公舎 諏訪神社 新発田城 五十公野御茶屋 大友稲荷神社 宝光寺 福勝寺 菅谷不動尊
旧足軽長屋 宝積寺 法音寺 古四王神社 藤戸神社
※ 当サイトへの相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。又、回答はあくまでも当社の考えであって1つの参考意見です。ご自身の責任でご判断下さい。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当社は一切責任を負いません。又、回答を直接的(当社の名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。 尚、リンクは自由ですが画像(写真)や文章等の利用は遠慮させていただいております。御理解の程よろしくお願いします。