新潟県・新発田市・大友稲荷神社

  全国の観光と歴史的建築物(ホーム)新潟県新発田市>大友稲荷神社
【 概 要 】−大友稲荷神社の創建は建長年間(1249〜1256年)に周辺の領主だった大友実秀(鎌倉幕府御家人の佐々木盛綱の子供とされる加地信実の2男実秀が大友の地に配され地名に因み大友氏を称した。)が祈願寺である東泉寺(建長4年:1252年、大友実秀により創建)の鎮守社として京都にある伏見稲荷神社(稲荷信仰の本社)の分霊(宇迦之御魂大神)を勧請したのが始まりと伝えられています。家内安全、商売繁盛、諸願成就に御利益があるとして信仰を広め県内外からも多くの参拝者が訪れるそうです。大友稲荷神社の社殿は東泉寺の隣地に鎮座し奥之院は南側500m先に鎮座、奥之院の境内には奉納された鳥居や小祠、石祠などであふれ、ある種の緊張感のある空間になっています。

大友稲荷神社(新発田市):周辺の見所

長徳寺 月岡温泉 旧県知事公舎 諏訪神社 新発田城 五十公野御茶屋 大友稲荷神社 宝光寺 福勝寺 菅谷不動尊
旧足軽長屋 宝積寺 法音寺 古四王神社 藤戸神社
※ 当サイトへの相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。又、回答はあくまでも当社の考えであって1つの参考意見です。ご自身の責任でご判断下さい。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当社は一切責任を負いません。又、回答を直接的(当社の名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。 尚、リンクは自由ですが画像(写真)や文章等の利用は遠慮させていただいております。御理解の程よろしくお願いします。