新潟県・新発田市・五十公野御茶室

  全国の観光と歴史的建築物(ホーム)新潟県新発田市>五十公野御茶室
【 概 要 】−五十公野御茶屋は溝口秀勝(新発田藩初代藩主)が新発田入封の際、新発田城の完成まで仮住まいした場所です。三代目新発田藩主溝口宣直の時に別邸を造営し、四代目重雄の時に県宗知(幕府庭方:清水園も作庭した。)を江戸から呼び寄せ庭園の作庭をしました。五十公野御茶屋は藩主が参勤交代で利用する会津街道(越後街道:新発田城下と会津鶴ヶ城下を結ぶ街道で、溝口家は江戸時代前期まで鶴ヶ城下からは会津西街道、日光街道、奥州街道を経て江戸に至り、江戸時代中期以降は鶴ヶ城から白河街道、奥州街道を経て江戸に至る経路を参勤交代で利用しました。)沿いにあったことで御休息所的な要素もあり、参勤交代の際は茶が点てられ、正装から旅装に着替えられたそうです。御茶屋の建物は文化11年(1814)に建てられた数寄屋建築で寄棟、茅葺、茶室(書院)部分は前に張り出し、3方向が開口出来庭園を眺める事が出来ます。庭園は回遊式庭園で茶室(書院)から見ると裏庭が借景となり繊細さと奥深さを感じる事が出来ます。 五十公野御茶屋は新潟県指定有形文化財、庭園は国指定名勝に指定され、公園全体は「奉先堂公園」として日本の歴史公園100選に選定されています。

五十公野御茶屋(新発田市):周辺の見所

長徳寺 月岡温泉 旧県知事公舎 諏訪神社 新発田城 五十公野御茶屋 大友稲荷神社 宝光寺 福勝寺 菅谷不動尊
旧足軽長屋 宝積寺 法音寺 古四王神社 藤戸神社
※ 当サイトへの相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。又、回答はあくまでも当社の考えであって1つの参考意見です。ご自身の責任でご判断下さい。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当社は一切責任を負いません。又、回答を直接的(当社の名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。 尚、リンクは自由ですが画像(写真)や文章等の利用は遠慮させていただいております。御理解の程よろしくお願いします。