新潟県・新発田市・長徳寺

  全国の観光と歴史的建築物(ホーム)新潟県新発田市>長徳寺
【 概 要 】−長徳寺の創建は天正13年(1585)に細川政元(室町幕府管領、丹波国・摂津国・土佐国守護職)の家臣だったとされる関根慶順が巡錫で当地を訪れた際に一宇を設けたのが始まりとされます。慶長3年(1598)に2世宗賢が本山から徳寺の寺号を賜っています。赤穂47士の1人堀部安兵衛の生家である中山家(新発田藩士200石取り)の菩提寺として有名で、安兵衛も14歳まで新発田城の城下で過しました。父親とされる中山弥次右衛門は天和3年(1683)に新発田城の見回り当番中に辰巳櫓が失火した責を取り浪人となり、安兵衛は母親方の溝口家の世話となり、母親が死去すると姉の嫁ぎ先である庄瀬牛ア村の長井弥五左衛門宅で修行し、長徳寺に印籠を預け、境内に松を手植えして江戸に出立したと伝えられています。長徳寺の境内には赤穂義士47体の木像が収められている義士堂と安兵衛が手植えしたと伝わる石台松(初代は平成9年に老齢の為伐採され現在は二代目)があります。「赤穂四十七士木像及び長徳寺義士堂」は新発田市指定有形文化財(歴史資料)に指定されています。

長徳寺(新発田市):周辺の見所

長徳寺 月岡温泉 旧県知事公舎 諏訪神社 新発田城 五十公野御茶屋 大友稲荷神社 宝光寺 福勝寺 菅谷不動尊 旧足軽長屋 宝積寺 法音寺 古四王神社 藤戸神社
※ 当サイトへの相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。又、回答はあくまでも当社の考えであって1つの参考意見です。ご自身の責任でご判断下さい。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当社は一切責任を負いません。又、回答を直接的(当社の名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。 尚、リンクは自由ですが画像(写真)や文章等の利用は遠慮させていただいております。御理解の程よろしくお願いします。