新潟県・胎内市・八所神社(乙宝寺)

  全国の観光と歴史的建築物(ホーム)新潟県胎内市>八所神社
【 概 要 】−八所神社が何時頃から祀られていたのかは判りませんが、伝承によると大同2年(807)、大日川が度々氾濫を繰り返す事から、それを鎮める為に砂山の地に創建されたと伝えられています。当初は水神や川神が祀られていたと考えられ、平安時代に成立した延喜式神名帳に明記されている式内社市川神社は当社との説があります(明確な確証が無い為に論社)。その後、川の氾濫によって元の鎮座地から流され、八柱が勧請合祀された事で八所大明神や八所大権現と呼ばれるようになります。その後、名刹として知られる乙宝寺の鎮守社として奉際されるようになり、奥山荘黒川条内乙郷44カ村の産土神として広く信仰を広げました。明治時代の神仏分離令により乙宝寺から分離し社号を「市川八所神社」に改めましたが、現在も境内が隣接(事実上一体化している)し、境内には宝篋印塔があるなど神仏習合時代の名残が見られます。宮殿は元禄12年(1699)に造営されたもので、元和6年(1620)に造営された当時の古材が残されている建物として貴重な事から新潟県指定文化財に指定されています(細部の意匠は乙宝寺の三重塔や乙宝寺弁天堂などと共通する事から、乙宝寺が元和年間に造営された同時期に同じ職人によって建てられた可能性が高いとされます)。
スポンサードリンク

八所神社(胎内市):周辺の見所

八所神社(乙宝寺:鎮守社) 熊野若宮神社 乙宝寺 乙宝寺三重塔
※ 当サイトへの相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。又、回答はあくまでも当社の考えであって1つの参考意見です。ご自身の責任でご判断下さい。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当社は一切責任を負いません。又、回答を直接的(当社の名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。 尚、リンクは自由ですが画像(写真)や文章等の利用は遠慮させていただいております。御理解の程よろしくお願いします。