新潟県・弥彦神社・十柱神社

  全国の観光と歴史的建築物(ホーム)新潟県弥彦村弥彦神社>十柱神社
【 概 要 】−弥彦神社境内末社である十柱神社の創建は元禄7年(1694)長岡藩(本城:長岡城)3代藩主牧野忠辰が後継争いで犠牲になったとされる秀成の御霊を鎮める為、弥彦神社境内に五所宮を建立したのが始まりと伝えられています。当時の祭神は大己貴命と犠牲になった牧野家関係四霊神とされ、祟りを恐れてか?歴代藩主が篤く崇敬し社領の寄進などを行っています。明治6年(1873)に信濃川の大河津分水工事の時に祭った神々を合祀し(その際牧野家関係四霊神を廃祀)10柱となり十柱神社と改称しています。現在の社殿は創建当時のもので入母屋、茅葺、単層、桁行き2.5間、梁間3間、蟇股、虹梁などの細部に桃山文化の手法が見られる貴重な建物として昭和26年(1951)に国指定重要文化財に指定されています。

十柱神社(弥彦村):周辺の見所

十柱神社 宝光寺 旧武石家住宅 弥彦神社
※ 当サイトへの相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。又、回答はあくまでも当社の考えであって1つの参考意見です。ご自身の責任でご判断下さい。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当社は一切責任を負いません。又、回答を直接的(当社の名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。 尚、リンクは自由ですが画像(写真)や文章等の利用は遠慮させていただいております。御理解の程よろしくお願いします。