横蔵寺: 楼門

写 真
リンク
横蔵寺(岐阜県・揖斐川町)

横蔵寺(岐阜県・揖斐川町)概要: 横蔵寺は平安時代初期の延暦20年(801)に桓武天皇(第50代天皇・在位:天応元年〜延暦25年)の勅願で伝教大師最澄により開かれた寺院です。本尊は比叡山延暦寺滋賀県大津市坂本)の本尊と同木から最澄が彫刻した薬師如来像(国指定重要文化財)で、伝承によると最澄が笈に本尊を納め霊地を求めて巡錫し当地を訪れると、笈が横倒しとなり動かなくなった事から仏意と悟り一宇を設け、この由来に因み「横蔵寺」と呼ばれるようになったと伝えられています。最盛期に数多くの坊、末寺を擁する大寺院として発展しましたが、織田信長(安土城の城主)の焼き討ちなど戦国時代の度重なる兵火で境内が荒廃しました。江戸時代に入り再興を果たし徳川家康の庇護となり現在地に境内を移し、随時堂宇が造営されています。現在でも本堂、三重塔、山門と古建築が存在し何れも岐阜県指定文化財に指定され、数多くの古仏像を所有している事から「美濃の正倉院」の異名があります。山門(仁王門)は江戸時代初期の寛文年間(1661〜1673年)に造営された建物で、三間一戸、入母屋、檜皮葺、八脚楼門、外壁は真壁造り素木板張、上層部は鐘撞堂、高欄付、下層部内部には仁王像安置、「両界山」の山号額、西美濃三十三霊場第1番札所。

※ 当サイト「全国楼門建築」は資料や案内板、パンフレットなどを参考にして編纂していますが、個人的な意見も含まれている為、最終確認は自らの責任により最終確認してください。又、写真や文章のコピーは遠慮してください。

ホーム
全国:楼門
岐阜県1
岐阜県2
岐阜県3
岐阜県4
長福寺
東林寺
長谷寺
浄福寺
美江寺
護国之寺
慈恩寺
大乗寺
円城寺
華厳寺
横蔵寺
盛巌寺
円鏡寺
天猷寺
東円寺
大雄寺
雲龍寺
明善寺
新長谷寺
長国寺
洞興寺