山梨県の楼門建築

  全国の観光と歴史的建築物(ホーム)全国の楼門:建築>山梨県
名 称
内   容
場  所
・恵林寺恵林寺は鎌倉時代末期に二階堂貞藤が開基、夢窓疎石が開山し創建された名刹です。室町時代には甲斐国守護職武田家の庇護により関東準十刹に数えられるなど寺運が隆盛し、さらに、戦国時代には武田信玄が篤く帰依していた快川紹喜を招いて寺領を寄進しています。信玄が死去すると菩提寺として当寺に埋葬され葬儀が営まれています。天正10年(1582)に織田、徳川両軍に敗れた武田勝頼が自刃すると恵林寺も攻められ快川紹喜は三門(楼門)に立て籠もった上に火を放たれ焼失しています。現在の三門はその後再建されたもので、一間一戸、四脚楼門、山梨県指定文化財に指定されています。

恵林寺の楼門写真はこちら

・山梨県
甲州市
・景徳院景徳院は天正10年(1582)に武田勝頼が当地で自刃した後の天正16年(1588)に勝頼の菩提寺として創建された寺院です。寺号は勝頼の戒名「景徳院殿頼山勝公大居士」に因むもので、200回忌には墓碑である宝篋印塔が建立されています。山門は江戸時代後期に造営されたもので三間一戸、八脚楼門、山梨県指定文化財に指定されています。

景徳院の楼門写真はこちら

・山梨県
・甲州市
・大善寺大善寺は奈良時代に行基菩薩により創建されたと伝わる寺院で、伝承にによると行基が当地で修行した際に薬師如来が出現し、それを模した仏像を彫刻し本尊として安置したと伝えられています。その姿はブドウを抱えている事から「ぶどう寺」の異名があり当地域の特産物であるブドウの関係者から篤く信仰されています。武田家とも関係が深く、武田勝頼が天目山に逃れる際に大善寺に戦勝祈願をする為に立ち寄っています。山門は三間一戸、二重楼門、山梨県指定文化財に指定されています。

大善寺の楼門写真はこちら

・山梨県
・甲州市
・武田八幡宮武田八幡宮は平安時代に宇佐八幡宮(大分県宇佐市)と石清水八幡宮(京都府八幡市)の分霊を祭ったのが始まりとされます。又、境内近くには日本武尊の御子とされる武田王の居館や墳墓とされる塚がある事から関係があるとも云われています。中世以降は甲斐守護職である武田家縁の神社として篤く信仰され、戦国時代に武田家が滅亡すると徳川家の庇護の下で社領の安堵や社殿の造営が行われています。随神門は三間一戸、八脚楼門。

武田八幡宮の楼門写真はこちら

・山梨県
韮崎市
・韮崎窟観音○韮崎窟観音、通称「穴観音」は平安時代に高僧として知られる弘法大師空海が霊地と思われる岩窟に観音像を安置し創建されました。観音堂は岩窟を囲むように建てられた懸造で異彩を放っています。山門は別当寺院である雲岸寺のもので、一間一戸、四脚楼門。

韮崎窟観音の楼門写真はこちら

・山梨県
・韮崎市

山梨県1塩沢寺穴切大神社甲斐善光寺大泉寺法泉寺
山梨県2天沢寺那賀都神社海岸寺慈眼寺福光園寺
山梨県3恵林寺景徳院大善寺武田八幡宮韮崎窟観音
山梨県4円通院久遠寺法性寺妙法寺薬王寺

※ 当サイト「全国楼門建築」は資料や案内板、パンフレットなどを参考にして編纂していますが、個人的な意見も含まれている為、最終確認は自らの責任により最終確認してください。又、写真や文章のコピーは遠慮してください。