笠間城: 城門

  ホーム城郭建築茨城県城郭建築>笠間城(城門)
笠間城−城門1
【 笠間城(城門):概要 】 明治時代初期に笠間城が廃城になった際、多くの建物が民間に払い下げになりましたが、当門もその一つとされます。形式は切妻、桟瓦葺き、一間一戸、桁行3.95m、梁間1.8m、高さ4.5m、薬医門形式。部材、金具、門扉などが笠間城の城門として建築された当時のままとされます。

【 場 所 】 城門(民間1)−茨城県笠間市

【 備 考 】 昭和57年(1982)6月24日:笠間市指定文化財

スポンサードリンク

※ 当サイトは現地の案内板や資料等を参考にしていますが、誤字脱字、解釈の違い、私論等などが含まれている可能性がありますので最終確認は個人等で行ってください。又、予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。 尚、リンクは自由ですが画像(写真)や文章等の利用は遠慮させていただいております。御理解の程よろしくお願いします。