上田城: 西櫓

  ホーム城郭建築長野県城郭建築>上田城(西櫓)
上田城−西櫓
【 上田城西櫓:概要 】 上田城西櫓は江戸時代初期の寛永3年(1626)から寛永5年(1628)にかけて上田藩主仙石忠政によって上田城が再興された際に建てられた建物です。明治4年(1871)に廃藩置県で上田藩が廃藩になると上田城も廃城となり、7棟あった2層櫓の内唯一城内に残されました。櫓には弓狭間や鉄砲狭間などの防衛機能があるものの戦が無くなった江戸時代は倉庫として利用され、昭和4年(1929)には上田市立博物館の前身である「徴古館」として整備された際に屋根の棟瓦両端に鯱が設置されています。昭和24年(1949)に東虎口櫓門の北側と南側に払い下げられた2棟の櫓が移築され、北櫓南櫓と呼ばれるようになると、当櫓も「西櫓」と呼ばれるようになっています。

西櫓は木造2階建て、入母屋、桟瓦葺き(最後の上田藩主松平家の家紋である「五三桐紋」が掲げられています)、桁行5間(1階は9.85m、2階は8.64m)、梁間4間(1階は7.88m、2階は6.67m)、妻入り、腰壁は下見板張り、外壁は大壁造り白漆喰仕上げ(塗籠造)、内壁は真壁造り白漆喰仕上げ。

【 場 所 】 西櫓:長野県上田市二の丸

【 備 考 】 昭和34年(1959)11月9日:長野県指定文化財・上田城:昭和9年12月28日:国指定史跡・日本百名城

スポンサードリンク

※ 当サイトは現地の案内板や資料等を参考にしていますが、誤字脱字、解釈の違い、私論等などが含まれている可能性がありますので最終確認は個人等で行ってください。又、予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。 尚、リンクは自由ですが画像(写真)や文章等の利用は遠慮させていただいております。御理解の程よろしくお願いします。