彦根城: 天秤櫓

  ホーム城郭建築滋賀県城郭建築>彦根城(天秤櫓)
彦根城−天秤櫓
【 彦根城(天秤櫓):概要 】 彦根の地は中山道と北陸道を押さえる事の出来る交通の要衝で、安土桃山時代には豊臣政権下で五奉行となった石田三成が佐和山城を居城とし大坂や京都へ進軍される事への押え役割を担いました。慶長5年(1600)の関ケ原の戦い後は一転して徳川四天王の井伊直政が入りましたが、佐和山城は山城で行政や経済面では有効な城では無く、さらに石田三成色が余りにも強かった事から、早くから彦根城の築城が計画されました。明治4年(1871)に廃藩置県が施行されると彦根藩も廃藩となり、彦根城も破却される運命でしたが、明治11年(1878)に明治天皇が巡幸の折彦根を訪れた際、大隈重信、又はかね子(住持攝専夫人)が保存を奉上した事で多くの施設が残される結果となりました。

彦根城天秤櫓の建築年は不詳ですが、井伊家の歴史書である「井伊年譜」によると「鐘丸廊下橋多聞櫓は長浜城大手門の由」の一文がある事から、元和元年(1615)に長浜藩主内藤信正が摂津国高槻の転封により長浜藩が廃藩、長浜城が廃城になると大手門が移築、又は解体後の用材を再利用したと考えられます。又、紋瓦には「上り藤」や「三つ柏」が見られるそうで、「三つ柏」は長浜城の城主だった山内一豊の家紋と同じ、同じく城主だった内藤家は「下り藤」なので合致しません。

天秤櫓の両端の櫓は何れも、木造2階建て、二重二階櫓、入母屋、本瓦葺き、向かって左側妻面向き、向かって右側平面向き、外壁は大壁造り白漆喰仕上げ、両櫓とも続櫓付。中央部、一重櫓門、外壁は真壁造り白漆喰仕上げ。天秤櫓が配されている位置は大手筋と表門からの経路が合流する軍事的にも極めて重要な地だった事から、大規模な堀切や戦時には切り落とされる木製の廊下橋、矢狭間や鉄砲狭間は見られませんが、開口部の格子が菱形にする事で内部から武器の使用が出来る構造となっています。中央の門から多門櫓を経て両端に二重櫓がある姿が丁度、天秤に見える事が名称の由来となっています。又、寛永7年(1854)の改修の際には向かって左側の石垣も大きく修復してる事から石積方法が異なっています。

【 場 所 】 西の丸三重櫓および続櫓:滋賀県彦根市金亀町

【 備 考 】 昭和26年(1951)9月22日:国指定重要文化財

スポンサードリンク

※ 当サイトは現地の案内板や資料等を参考にしていますが、誤字脱字、解釈の違い、私論等などが含まれている可能性がありますので最終確認は個人等で行ってください。又、予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。 尚、リンクは自由ですが画像(写真)や文章等の利用は遠慮させていただいております。御理解の程よろしくお願いします。