静岡県・静岡市

  全国の観光と歴史的建築物(ホーム)静岡県>静岡市

静岡市:一覧

臨済寺
臨済寺
概要: 創建は享禄年間、今川氏親が出家した栴岳承芳のために開いたのが始まり。当初は善得院と称していましたが天文5年、家督争いで勝利した今川義元が兄である今川氏輝の菩提を当寺で弔い氏輝の法名から臨済寺に改称。
華陽院
華陽院
概要: 創建は永正9年、知短上人が開いたのが始まり。慶長14年、徳川家康が祖母である源応尼の50回忌の際、寺号を華陽院に改め浄土宗に改宗しました。源応尼の墓碑の他、家康5女の市姫、側室のお久の方の墓があります。
瑞龍寺
瑞龍寺
概要: 創建は永禄3年、能屋梵藝和尚によって開かれたのが始まりとされます。駿河七ヶ寺の1つとして格式が高く、徳川家康が駿府城に在城の時は時折七ヶ寺の住職を集め法門を聞いたとされています。家康の側室旭姫の墓碑あり。
宝台院
宝台院
概要: 創建は永正4年、長蓮社観誉祐嵩上人によって開かれたのが始まり。当初は龍泉寺と称しましたが、寛永5年に現在地に移し宝台院に改称。江戸時代を通して幕府から庇護され寺運も隆盛しましたが戦災によりほとんどが焼失。
蒲原宿
蒲原宿・町並み
概要: 蒲原宿は東海道の宿場町で、鎌倉時代に町割りされていました。蒲原宿は甲斐を結ぶ街道、太平洋側には港を擁する交通の要衝として重要視され、戦国時代から3代将軍徳川家光まで徳川家の蒲原御殿が設けられていました。
久能山東照宮
久能山東照宮
概要: 久能山東照宮は初代将軍徳川家康が死後埋葬された聖地に2代将軍徳川秀忠によって創建されました。日光東照宮に先立って壮麗な社殿が造営され、その後の権現造形式の規範となています。本殿、拝殿、石ノ間が国宝。
静岡浅間神社
静岡浅間神社
概要: 静岡浅間神社は崇神天皇の御代に創建した神部神社と延喜元年に創建した浅間神社、応神天皇4年に創建した大歳御祖神社の3社の総称です。多くの社殿は徳川将軍家によって造営されたもので国指定重要文化財に指定されています。
 
 
 
※ 当サイトへの相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。又、回答はあくまでも当社の考えであって1つの参考意見です。ご自身の責任でご判断下さい。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当社は一切責任を負いません。又、回答を直接的(当社の名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。 尚、リンクは自由ですが画像(写真)や文章等の利用は遠慮させていただいております。御理解の程よろしくお願いします。