栃木県・大田原市・法輪寺

  全国の観光と歴史的建築物(ホーム)栃木県大田原市>法輪寺
【 概 要 】−法輪寺の創建は貞観2年(860)慈覚大師が開山したと伝えられています(久寿年間に福原城の鬼門鎮護の為那須氏が開基となり文覚上人が開山したという説もあります。)。寛元3年(1245)に後嵯峨天皇の勅願所となり寺運が隆盛しましたが次第に衰退、寛永13年(1636)に弁海和尚が再興しました。古来は西行法師も訪れたとも言われ境内には" 盛りには などか若葉は今とても 心ひかるる糸桜かな "と和歌を詠んだ西行桜(大田原市指定天然記念物)があります。山門は勅額門と呼ばれ逆門建造の茅葺で立額は後嵯峨天皇の勅願所となった際靈雲法親王の御染筆で書かれたもので大田原市指定有形文化財に指定されています。又、法輪寺は現在でも神仏混合の形態を維持していて例祭には住職が白衣に着替え神輿を担ぎ左良土宿内を渡御するそうです。
スポンサードリンク

法輪寺(大田原市):周辺の見所

雲巌寺 下侍塚古墳 那須神社 那須国造碑 光真寺 金剛寿院伝法寺 金燈籠 実相院 法輪寺 玄性寺 大雄寺
※ 当サイトへの相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。又、回答はあくまでも当社の考えであって1つの参考意見です。ご自身の責任でご判断下さい。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当社は一切責任を負いません。又、回答を直接的(当社の名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。 尚、リンクは自由ですが画像(写真)や文章等の利用は遠慮させていただいております。御理解の程よろしくお願いします。