栃木県・佐野市・龍江院

  全国の観光と歴史的建築物(ホーム)栃木県佐野市>龍江院
【 概 要 】−竜江院の創建は明応3年(1494)佐竹氏が摸庵宗範を招いて開山したと伝えられています。以来、佐竹氏の庇護となり戦国時代末期には水戸城(茨城県水戸市)内に移り隆盛しますが、関ヶ原の戦いで佐竹氏は中立的な立場をとり慶長7年(1602)秋田へ移封となりました。当時の竜江院住職花翁玄芳は佐竹氏に随行せず水戸城内から離れると下野国を点々とし慶長18年(1613)に現在地に移り、以後は領主だった旗本牧野伊予守成里の帰依で庇護されます。竜江院の寺宝である木造エラスムス像(総高121p、像高105p)は慶長5年(1600年)豊後に漂着したオランダ船リーフデ号の船尾に飾られたもので牧野氏が竜江院に寄進したもので国指定重要文化財に指定されています。
スポンサードリンク

龍江院(佐野市):周辺の見所

佐野厄除け大師 佐野城 龍江院 唐沢山城 唐沢山神社 人丸神社 願成寺 大庵寺 出流原弁財天 出流原湧水 朝日森天満宮
※ 当サイトへの相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。又、回答はあくまでも当社の考えであって1つの参考意見です。ご自身の責任でご判断下さい。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当社は一切責任を負いません。又、回答を直接的(当社の名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。 尚、リンクは自由ですが画像(写真)や文章等の利用は遠慮させていただいております。御理解の程よろしくお願いします。