富山県・井波町・瑞泉寺

  全国の観光と歴史的建築物(ホーム)富山県南砺市井波町>瑞泉寺
【 概 要 】−瑞泉寺(富山県南砺市井波)は、明徳元年(1390)綽如上人(本願寺5世:南北朝時代の浄土真宗の高僧)が巡教でこの地を訪れた際、霊地と悟り勧進状をしたため創建された寺院です。後小松天皇の勅願所として寺運も隆盛し中世には当地方の一向宗の中心として加賀、越中、能登の一向宗寺院370余寺に号令出来る格式を得ました。石黒氏など周辺領主と対立したことで、文明13年(1484)に瑞泉寺が城塞(井波城)として大改修され境内の周りに堀や土塁を築き永禄年間(1558〜69)には一向宗徒を引き連れ上杉謙信(春日山城の城主)とも戦っています。天正9年(1581)、佐々成政(織田信長家臣:富山城の城主)に攻められて堂宇が焼失し門前町も兵火により大きな被害を受け、宗徒達は五箇山へ逃れたとされます。その後、豊臣秀吉に従った前田家(前田利家の嫡男、利長が富山城の城主に就任)の支配となり天正13年(1585)に現在地堂宇が再建され江戸時代には越中における真言宗の触頭となりました。現在の瑞泉寺山門は宝暦12年(1762)の火災後再建されたもので文化6年(1806)に上棟しました。三間一戸、入母屋、瓦葺きの2重門(楼門)で上層部には高欄を回し、細部には京都の前川三四郎や井波の彫刻師が彫り上げた繊細な彫刻が施され、昭和40年に富山県指定重要文化財に指定されています。瑞泉寺式台門は寛政4年(1792)に建てられたもので、門には菊の紋章が掲げられ勅使など格式の高い人達が利用する時だけ通ることが出来ました。棟梁は井波出身の柴田清右衛門、彫刻は北村七左衛門(番匠屋9代)があたり井波建築の原点とも言える建物で昭和30年に南砺市指定有形文化財に指定されています。又、寺宝も多く綽如上人の勧進状と後花園天皇宸翰消息が国指定重要文化財に、絹本著色聖徳太子絵伝(8幅)が国重要美術品に、本尊木造阿弥陀如来立像(平安時代作)が富山県指定重要文化財にそれぞれ指定されています。名刹巡礼 古寺100選

瑞泉寺(南砺市井波町):周辺の見所

井波八幡宮 黒髪庵 瑞泉寺 高瀬神社

 ※ 当サイトへの相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。又、回答はあくまでも当社の考えであって1つの参考意見です。ご自身の責任でご判断下さい。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当社は一切責任を負いません。又、回答を直接的(当社の名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。 尚、リンクは自由ですが画像(写真)や文章等の利用は遠慮させていただいております。御理解の程よろしくお願いします。