富山県・高岡市・金屋町

  全国の観光と歴史的建築物(ホーム)富山県高岡市>金屋町
【 概 要 】−金屋町(高岡市)は慶長14年(1609)、高岡城を築く際、鋳物師を集めて出来た町で高岡の鋳物業の中心として今日まで繁栄してきました。高岡城初代城主前田利長は当時の砺波郡西部金屋から7人の鋳物師を招くと千保川左岸に長さ100間、幅50間、広さ5000坪の土地を与え、さらに5カ所の吹場を建設し、税や労役を免除するなど保護政策を行った為、高岡でも鋳物業が飛躍的に発達しました。現在は江戸時代の町屋はありませんが明治時代から大正時代にかけて建てられた町屋建築が軒を連ね、当時の金屋町の繁栄を現在に伝えてくれます。町屋は主に木造2階建て、切妻、平入り、桟瓦葺きの建物が多く格子戸や2階の袖壁なども見受けられます。高岡市では町並み保全に力をいれているようで石畳などが整備されています。

金屋町(高岡市):周辺の見所

恒性皇子墓 金屋町 前田利長墓所 高岡城 瑞龍寺

 ※ 当サイトへの相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。又、回答はあくまでも当社の考えであって1つの参考意見です。ご自身の責任でご判断下さい。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当社は一切責任を負いません。又、回答を直接的(当社の名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。 尚、リンクは自由ですが画像(写真)や文章等の利用は遠慮させていただいております。御理解の程よろしくお願いします。