山梨県・韮崎市

  全国の観光と歴史的建築物(ホーム)山梨県>韮崎市

韮崎市:一覧

一石百観音石像
一石百観音石像
概要: 一石百観音石像は宝永6年に建立された百観音の像塔です。石像は西国三十三観音霊場、東国三十三観音霊場、秩父三十四観音霊場、それぞれの観音像合わせて100体が7段に配列されたもので信仰の対象になっていました。
宗泉院
宗泉院
概要: 創建は不詳ですが当初は瑞光寺と称し真言宗の寺院だったと伝えられています。永正元年、宗泉院殿悟山了通大禅定門が曹洞宗に改宗して寺号が改称されました。円井氏の菩提寺で、境内には山本勘助の供養塔があります。
願成寺
願成寺
概要: 創建は宝亀2年、心休了愚法印が草庵を設けたのが始まり。当初は京都祇園寺の末寺でしたが延長6年、堂宇を建立し願成寺に寺号を改称しています。武田信義の墓と伝わる五輪塔は韮崎市指定文化財に指定されています。
武田八幡宮
武田八幡宮
概要: 武田八幡宮は、長く甲斐国を治めた武田家の崇敬社として篤く庇護されてきた神社です。武田家が滅ぶと徳川家康から社領が安堵され、江戸時代にも歴代甲府領主によって庇護されました。本殿は国指定重要文化財。
穂見神社
穂見神社
概要: 穂見神社の創建年は不詳ですが、平安時代に編纂された延喜式神名帳に式内社として記載されていた穂見神社の論社です。往時は境内背後にある巨石が磐座として信仰され、古代の祭祀の名残が見られます。祭神:倉稲魂神。
韮崎窟観音
韮崎窟観音
概要: 韮崎窟観音は別名「穴観音」と呼ばれ平安時代に真言宗の開祖弘法大師空海が霊地とされ岩窟に観音像を安置したと伝えられています。観音堂は本尊が安置されている岩窟を囲むように建てられた懸造の建物で異彩を放っています。
 
 
 
 
※ 当サイトへの相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。又、回答はあくまでも当社の考えであって1つの参考意見です。ご自身の責任でご判断下さい。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当社は一切責任を負いません。又、回答を直接的(当社の名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。 尚、リンクは自由ですが画像(写真)や文章等の利用は遠慮させていただいております。御理解の程よろしくお願いします。