山梨県・山梨市・川浦口留番所

  全国の観光と歴史的建築物(ホーム)山梨県山梨市>川浦口留番所
【 概 要 】−案内板によると「 甲斐9筋の1つに数えられる雁坂街道は、甲斐と武州を結ぶ重要路として古くから開かれ、永徳4年中(1382)に関所が設けられたと伝えられている。江戸時代、関所は全国的に制度化されたが、口留番所は番屋とも呼ばれ、人や物資の流入を取締る役割を果たしていた。川浦番所は、15坪の敷地に番屋と門が設けられ、番人は1日2人ずつ24時間交代で守った。当番日数は川浦6番、下荻原2番、上柚木4番、下柚木8番、上釜口2番、下釜口2番、徳和6番で計30番勤めた。この番所は平成6年3月に復元されたものである。 三富村教育委員会 」とあります。
スポンサードリンク
※ 当サイトへの相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。又、回答はあくまでも当社の考えであって1つの参考意見です。ご自身の責任でご判断下さい。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当社は一切責任を負いません。又、回答を直接的(当社の名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。 尚、リンクは自由ですが画像(写真)や文章等の利用は遠慮させていただいております。御理解の程よろしくお願いします。